読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ON THE ROAD〜涙の軌道〜

すべての悩みは『人間関係』であり、人に嫌われるのを恐れてしまう。

失敗は嫌なイメージからのパラダイム・シフトが起きました。

 

新しいことに

チャレンジするのって怖くないですか。

 

もしも失敗でもしたら、

誰かに馬鹿にされてしまう

自分はできないやつなんだと

 

自分をバカにするほど

そんな恐怖がいつも付きまといます。 

 

そんなことになるなら

何もチャレンジせずに

家に閉じこもっていた方が

どんなに楽なことか。

 

でも、現実は無情にも

楽をさせてはくれません。

 

やりたくなくてもやらないと

いけない場面がたくさんあります。

 

本当に嫌ですよね。

 

では失敗を恐れずに

恐怖と戦うには

どうすれば良いのでしょうか。

 

今回は、

失敗との上手に付き合う方法に

ついて話していきます。

では失敗を恐れずに

 

正直、この方法を知ってからは

失敗に対して嫌なイメージが

なくなりました。 

 

「逆に失敗するって大切なんだ!

とことん失敗をしよう。」

 

そんなパラダイム・シフトが起きました!

 

ぜひこの方法があなたにも

お役に立つことを信じて

お伝えします。

 

逆にこの方法を知らないままでは

 

チャレンジをしようとしても

「失敗すると人からバカにされる」

と恐怖心が付きまとい、

 

結局、恐怖で身動きができずに

自分には価値がないんだと思い始め

 

 

どんどんと人を避けるようになり、

 

いつの間にか

社会不適合者という烙印を

押されてしまうかもしれません。

 

そうならないために

ぜひこの考え方を

お伝えしたいと思います。

 

では私たちは、なぜ

失敗を恐れてしまうのでしょうか。

 

もちろんバカにされるのもありますが

もっと根本的な原因があります。

 

それは

失敗は何も価値がないという思い込み

です。 

 

失敗には

素敵な価値があります。

 

例えば 

あるところに

保険会社の営業マンがいました

 

1日1件の契約を取り付ければ

上出来と言われる業界で、 

 

その営業マンは

1日3件も契約を取り付けるほどの

凄腕のセールスマンです。

 

ーーーーーーーーーーーー

ある日の飲み会。

 

お酒が入り部下は思わず

ポロっと

本音を出してしまいました。

 

「先輩はすごいですよね・・・

 何やっても上手にできるんですから」

 

「お前なぁ何言ってるんだよ

 俺も新人の頃は失敗ばかりだったんだぞ」

 

「えっ先輩がですか!?」

 

「ああ、何ヶ月やっても全く取れなくて、

 そこで取れるようになりたい一心で

お客さんが欲しくなる営業トーク

学びなおしてここまできたんだよ。」

 

少し間をおいて

 

「だからお前もやればできるよ。

 新人なのに、もう一件以上、

 取っているじゃないか。」

ーーーーーーーーーーーーーーー

どうでしょうか

こんな風に失敗を語ってくれたら

 

おそらく後輩のあなたは

先輩から勇気をもらうと思いませんか。

 

そうなんです。

 

失敗は勇気を与えることができるのです。

 

失敗は恥ずかしいことではありません。

 

むしろ失敗は

人に勇気を与えられる素晴らしい産物です。

 

なので

 

失敗を恐れないで

何にでもチャレンジしてください。

 

失敗をすればするほど

あなたは人に勇気を与えることができるのです。

 

あなたは、希望の光になれるのです。

 

どうでしょうか?

 

私自身、この考えを知ってから

失敗に対して捉え方が変わりました。

 

もし納得していただけたら

これから1つ実践してほしいことがあります。

 

何事にもチャレンジです。

 

 

…では、行きますね。

 

まず、

仕事でも、運動でも、料理でも

なんでもいいので、

失敗したら怖いなと思うことを

ひとつ思い浮かべてみてください。

 

深呼吸して、ゆっくりでいいです。

 

思い浮かべることができたら、

 

その失敗が誰かを勇気づける

と想像してみてください。

 

どうでしょうか? 

 

失敗に対する恐怖が

1ミリでも軽くなれば嬉しいです。

 

失敗は人に勇気を与える。

 

この考えであなたの

お役に立てれば幸いです。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。